東チベット旅日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 検索キーワードはラルンガル.ゴンパ

<<   作成日時 : 2011/12/18 02:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

上海に来てから

プライベートでまったく旅関係の話を

することがなくなった

このブログでも旅関係書けてないし...

来た当初、何人かの旅仲間より連絡があり

会いませんか〜って誘ってもらったけど

仕事や生活の面でバタバタしてたので会えなかった

やっと落ち着いてきたけど

今度はお誘いがなくなった。。。残念www

上海には大阪からのフェリーがあるから

相変わらずフェリー利用してるお方は

ご連絡くださいね(#^.^#)

土日は暇してますんで〜。。。って

最近、飛行機代も結構やすしフェリー利用者少ないかな!?


っで今日は久しぶりに旅のことを

私のブログでよく検索に引っかかってるキーワード

” ラルンガル.ゴンパ ”

これだけは年中誰かが検索して

私のブログに来てくれてるみたいです

四川省のチベタンエリアであるカム地方

最大の僧院である

旅行人ノートのチベット編の

巻頭カラーで紹介されている

私も2007年に訪れました

しかしあの本も、もー何年も前の情報

ですのでかなり様変わりしてるみたいです

今年の夏、私が成都に居た時の話ですが

かなり警戒がゆるくなったみたいで

入口の公安検問も基本なくなったそうです

私が行った当時はまだ入口で公安さんが

出入りのチェックしてました

一緒にタクシー相乗りしてた尼さんに助けてもらい

何とか入れたのですが

今はすんなり行くみたいです

相変わらずバラックの小屋だらけみたいですが

中にはちゃんと招待所もあるみたいで

近年は漢民族のツアーにも組み込まれてるみたいです

それはそれで何か残念ですけどねxxxx

独特の雰囲気、谷の奥まった所に

がががが〜っと広がる僧坊郡

皆が修行をしているんだーって言うのが

肌で感じ取れる場所ですね

日本人ラマのいxはxさんに言わせれば

潜入は簡単だよ...の一言で済まされますが

初めての人には情報としてネットと旅行人くらしかないので

やっぱりビビりますよね

夏の時は成都からマルカン経由で近隣の色達(セルタ)まで

直通バスが2日に一回

茶店子バスターミナルから出てました

確か料金は200元だったと覚えています

本当は2日間(マルカム泊)かかるって

ことになってるのですが

1日で無理やり到着させてるみたいですwww

宿は色達で取って、そこから向かうのがイイと思います

チベマニアのアxカさんは毎日通ってたらしいですけど

普通の人だったら通わなくても大丈夫だと思います

今年の夏の終わりラルンガルに向かったリxチくんは

色達に夜ついて泊まるところを探すのが大変だったと

なおかつ公安にしょっぴかれるのかと

不安な思いになってましたね

まーチベタンエリアの街って基本ド田舎ですから

夜中にバスが到着すると

街の明かりが極端に少ないので不安になりますね

でも大体バスが到着するとこって

周辺に必ず宿があるから慌てないことですwww

色達も小さい街ですから中央の広場周辺に

宿は沢山ありますので...


今はもー冬ですんでね

バスはどうなってるのかわかりませんが

行く価値は絶対あると思います

でもー何か観光地化の胡散臭い臭いも漂い出してますんで

行くなら早めに行っちゃってくださいね

ラルンガル.ゴンパは、もーダメだよって方には

ペユル(白玉)にあるアチェンガル.ゴンパがオススメですかね

情報によるとあっちの方が

かなり公安が警戒してるみたいです

今年の夏もアチェンガルへ行く起点の街ガンゼで

色々とありましたからね〜。。。。。。


と、ま〜上海から全然タイムリーじゃない情報でした

(-^〇^-)/



最後に2007年に行った時の写真です。。。

画像


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
2014年3月 色達セルタのラルンガル・ゴンパ目指しますか?
当初の予定では色達セルタのラルンガル・ゴンパに ...続きを見る
Toku-Rock的中国潜伏記
2014/03/24 23:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
前に北京に行かれている間にも思いましたが、心を四川に残して行っている事をひしひしと感じました…笑

ちなみに2011年1月に行った私は、セルタの町ではなく直接ラルンガルゴンパの中の扶貧会招待所に泊りました。部屋の中もマイナスだし、電気はついても薄暗ーい豆電球ひとつだし、凍りついたトイレも遠くて行くのがめんどくさいけど、昔と違い今は充分清潔で敷布団の下の電気カーペットもちゃんと備え付けてありました(これも停電になったら使えませんが)。
マキ
2011/12/21 10:31
ははは〜(@^▽^@)
また言われてしまいましたねwww
って、そう言えば行ってましたね、一人旅
忘れてましたわぁ〜
2007年に私の泊まった宿舎は
豆電球でしたが
スイッチなしの弛めて消灯
電気カーペットなし
部屋の鍵無し
窓ガラス割れてる
布団湿って重すぎる
ネズミさん出没
尼さんにお湯もらおうとしたら断られる
廊下にヤク牛さんと羊さん寝てる
トイレ何処かわからない
こんなに特典付きで1泊10元でした(笑
ま〜日本人ラマに言わせたら
快適じゃんって言われそうですがねwww
Toku-Rock
2011/12/22 00:12
なるほど!チベタンマニアのアス※さんは普通の人じゃないんですね!
会ってみたいなぁ〜、普通じゃない人〜♪
ぴん
2011/12/25 11:34
あの普通じゃない人
最近どうしてるか知りませんが
インドから日本に帰ってるみたいですね
でもそろそろ活動時期に入るんじゃー
ないんですかねwww
また会ったら言っときます
神戸から天津にフェリーで入れって
...でもあの人の事だから
フェリーのったとしても
貴賓室とかに借りんだろうな〜
(-^〇^-)
Toku-Rock
2011/12/26 02:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
検索キーワードはラルンガル.ゴンパ 東チベット旅日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる