東チベット旅日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 3回目だぜ!!!…郎木寺タクツァン・ラモ!!!

<<   作成日時 : 2014/02/02 21:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2007年、2011年そして2014年

自分でもビックリです。。。3回目の郎木寺タクツァン・ラモ

前回、前々回とそんなにガッツリ周ってなかったので

今回はガッツリいくつもりですwww


春節前ってこともあり、まだ何とか街は機能していました



メインの通りも閉まってるお店も多いですがかなりの数のお店が

開いていましたのでそれほど不便ではなかったですね


宿は糌粑客栈Zangbakuzhan

画像


キルティ・ゴンパ入口近くです

1ベット30元で泊めてもらいましたヽ(*´∀`)ノ

画像


もちろんトイレシャワーなしですよ(笑

共同のトイレも水が流れないので大便の後は

自分で前の川から水をすくってそれで流してましたxxx

他の利用者は誰もそんな面倒な事せずに放置してましたけどね!?

中心地の大きいホテルは100〜130元と言ってました

そっちは時間制限ありで水がシャワーが使えたそうです


この郎木寺タクツァン・ラモは四川省と甘粛省の境

街の真ん中を川が流れてそれがちょうど境界線になっています

甘粛省側にあるお寺がセルティ・ゴンパ

画像


四川省側にあるお寺がキルティ・ゴンパ

画像



私が泊まっていたZangbakuzhanはキルティ・ゴンパ入口近くでしょ

ってことは利用者はキルティ・ゴンパのお坊さんや

キルティ・ゴンパを信仰している人しか利用しないんですよね

宿の管理してたダンジェンツェロンとポマジョーマーも

セルティ・ゴンパへは行ったこともないし今後も行かなと言ってましたxxx

仲が悪いと聞いていたけどココまで仲が悪いんですねwww

画像


ちなみに彼らが宿の管理してるダンジェンツェロンとポマジョーマーです

二人共24歳で結婚してます、子供は居ません

春節明けからは宿の管理を辞めてタンカ(仏画)の勉強をすると言ってました




さてさてこれから1週間近くこの郎木寺タクツァン・ラモに滞在です

冬の極寒のアムドをこれから堪能していきます!!!








高僧の生まれ変わり チベットの少年―The Search for the Panchen Lama
世界文化社
イザベル ヒルトン (Isabel Hilton)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 高僧の生まれ変わり チベットの少年―The Search for the Panchen Lama の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
3回目だぜ!!!…郎木寺タクツァン・ラモ!!! 東チベット旅日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる