東チベット旅日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2015年最後、真冬の東チベットへ【ツアー報告・前編】

<<   作成日時 : 2016/01/02 19:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0





▼ ▼ ▼

ツアーお申し込み&お問い合わせ

東チベット旅行倶楽部ホームページ



どーも、明けましておめでとうございます。

成都在住東チベット旅行倶楽部徳田です。

昨年末から昨日に掛けまして東チベットへツアーに出ておりました。

ってなこって早速ツアー報告に入りたいと思います。


今回のお客様は東京からお越しのご夫婦で御座いまして、

なんと昨年の2、3月頃からお申し込みがあり、

1年掛けてやり取りをさせてもらっていました。

その分かなり気合が入ってた…って感じですかねw

ルートは。。。

丹巴ロンダクの中路ジョンルー⇒炉霍タンゴ⇒色達セルタ⇒馬爾康マルカム

もちろん車は三菱パジェロ、

ドライバーはギャロンチベット族の張さんです。

画像


安全第一の張さんだからこそ、

真冬の東チベットだって問題ありません!!

いや、ホントですよw

だってカムのチベタンドライバーとか、

雪降ってても何んでもありって感じですからね!!

いや、ホントですよw


今回も前回と同じく、成都⇒四姑娘山経由⇒丹巴ロンダクへ。


画像


成都から高速道路で映秀へ行き、

そこからこんな感じの道へイキナリ突入ですw

画像


陽が当たらないと雪が積もってます。

画像


巴郎山の峠に近づくと太陽がカンカン照りになり

道も全然問題ありません。

画像


画像


頂上手前の展望台からの眺めは最高ですよ!!

で、その先の頂上には・・・

画像


海抜448m!?との看板が。。。!?

ってのは冗談ですが右端の一部がぶっ飛んでますねw

画像


四姑娘山を拝んでトイレ休憩して、

大金川沿いをひたすら走ります。

四姑娘山からですと中路ジョンルーは2時間ほどで到着します。


しかし今回開いてると言ってた中路ジョンルーの宿、

東波藏家のオーナーの携帯が繋がらない!!!

何度かけてもダメ・・・・。

まーダメなら丹巴ロンダクの町行けばいいし、

と言うことで先ず宿へ先に顔を出しに行きました。

しかししかし、

居たのは何時もの猫ちゃんだけ。

画像


ちなみにこの猫ちゃん、名前も猫です(笑)

とりあえず、周辺に向かって大声でオーナーを呼んでみると、

近くの家から従業員のおねえちゃんがやって来て、

泊まることを伝えるとOKって事になりましたw

とにかく周辺に向かって大声で叫んでたらやって来るとは・・・

なんちゅーこっちゃ(笑)


夕陽が落ちる直前でしたが中路ジョンルーの展望台へ。

画像


画像


リアル・レゴブロックのお家。。。と言う感じの、

ギャロンチベット族の家々・・・。

大好きですヽ(*´∀`)ノ

ホントは散策もしたいのですがお時間もありませんし、

寒いので宿の方に戻りました。


画像


宿ではおかあちゃんが晩ご飯の準備してまして、

あっという間に出来上がり。

画像


しかし鍋がデカ過ぎるだろう・・・とのツッコミは

ご遠慮下さいw

画像


今回は珍しく『豚の皮』を頂きました。

砂糖をつけて食べたら結構美味しかったです。


お部屋の方は。。。

画像


暖房はなく、ベットに電気カーペットのみ。

後からお客さんに聞いたところ、

やはり結構寒かったとの事でした。

私もドライバーも慣れてますので平気ですが、

やはり初心者の方にとってはキツイかったですかね。

ちなみにお客さんには寝袋を無料レンタルしてましたので、

お使いになって頂いたようです。


画像


朝8時、朝日は上ってませんが朝食を頂き

第2日目の出発です!!

画像


車もフロントガラスがちょいと凍っただけで問題なし!!

さ〜てさてさてお次はカムエリアの炉霍タンゴへ突入です!!

画像



続く・・・













テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2015年最後、真冬の東チベットへ【ツアー報告・前編】 東チベット旅日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる