東チベット旅日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2015年最後、真冬の東チベットへ【ツアー報告・中編】

<<   作成日時 : 2016/01/02 20:56   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0





▼ ▼ ▼

ツアーお申し込み&お問い合わせ

東チベット旅行倶楽部ホームページ


ではでは引き続き・・・ツアー報告と参りましょう。


丹巴ロンダクの中路ジョンルーを出て炉霍タンゴへ向かいます。

画像


画像


2時間ほど走りますと、八美ガルタルに到着します。


・・・が今回は八美ガルタルの中心に着く7kmほど手前にある、

恵遠寺ガルタル・チューデへ寄って行きます。

画像


画像


こちらはダライ・ラマ7世が建てたと言う、

由緒あるお寺なんですと!!

画像



お寺の周りでは地元の人たちが

マニ車をせっせとせっせと回しておりました。

画像


画像


今回のお客様の旦那様の方は

少し中国語とラサ語を知っていますので、

ガンガン地元の人達と絡んでいきますw


あと当日はお坊さんたちのテストが行われていて、

ちょうど午前のテストが終了時に出くわしました。

画像


画像


テスト風景は見れませんでしたが、

中に入って教室は拝見させて頂きましたw


毎回どこのお寺でもそうですが、

皆さん親切に対応してくれて、

本堂の中なども積極的に入らせて頂けます。

本当にありがたいです。

ただ本堂内の写真撮影だけはOKではない所もありますので、

皆さんもお気をつけください。

言葉出来なくてもカメラ出して指させば大体わかってくれますよ!


その後、八美ガルタルの町でお昼ご飯を頂き、再出発です。

道孚タウを通り抜け夕方には炉霍タンゴへ到着。

宿は何時もの『康北賓館』。

画像


暖房も有り、シャワーも出ます。

しかし今回は夜停電になってしまいましたけどねw


荷物置いて早速に寿霊寺タンゴ・ゴンパへ。

画像


こちらのお寺も本日はテスト開催日だったそうで、

私たちが行った時は午後の筆記テストが終わった後でした。

残ってた先生たちがまた良くしてくれまして、

入っていけ〜写真撮っていいぞ〜と・・・。

画像


本堂の中ではいつも通り例のお方が鎮座されておりました!

パネルに書いてあるサインは本物だと言ってました。


いや〜でもここのお寺のお坊さんたちって、

毎度毎度フレンドリーでありがたいです。

甘孜寺カンゼ・ゴンパと双璧かな!?


帰りは町に歩いて戻って行きました。

画像


例の坂道仕様になっているマニ車を回しながら!!


で、町に戻って・・・ついに・・・

画像


買っちゃいましたw

チベタンの民族衣装『チュパ』です。

色達セルタ行ったら寒いだろうし、

今回は車で来てる・・・ってな感じです(笑)

お客様には見世物としては喜んでもらえたと思いますw

でも着るのが大変で・・・これから着こなすのが大変です!?


夜数時間の停電はありましたが、

大した問題も発生せずに炉霍タンゴ終了。

翌日は色達セルタへレッツご〜〜〜〜でありますw

丹巴ロンダク・・・海抜1,800m

炉霍タンゴ・・・海抜3,230m

次の色達セルタは海抜3,893m

徐々に上がって行けば高山病も大丈夫!?

って言いながらもやはりお客様には

ダイアモックスを飲んで頂いてますけどね。

念には念をですw

寒さに関しては思っていた以上に熱く、

次ほ日の朝出発時でも

画像


こんな感じでした。

ヤバイくらいに暖冬ってやつなのかもしれません。

続く・・・






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2015年最後、真冬の東チベットへ【ツアー報告・中編】 東チベット旅日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる