班瑪ペマ 宿は温かい方が良い。。。

班瑪ペマでの宿は

町のど真ん中にある『雪山旅社』

画像


この入口見つけただけでも凄いでしょ(笑)

画像


4人部屋・1ベット30元

電気カーペット付き

初日は極寒かと思いましたが

次の日からは慣れてそれほど寒く感じませんでした


スタッフはみんな家族でフレンドリー

来るお客さんもお坊さんから巡礼者

放牧民からいろんな人が毎日出たり入ったり

居心地は最高でしたね(´∀`*)


画像


可愛くて働き者のイージュンツォ


画像


宿で唯一中国語とパソコン操作が堪能な

アンジュジャ




宿のスタッフではないけど

親戚で居候のソーナンシェーランダン


他にもお父さんやお母さん

家族みんなイイキャラしてて楽しかった(´∀`*)

マジで!!(笑)


甘孜カンゼの鴻福旅館もそうだけど

宿の設備云々より、やっぱり人なんですよ

長居したくなる理由って

郎木寺タクツァン・ラモの以前泊まってた

糌粑客桟のダンジェンツェロン夫婦の時もそうでしたね

冬の東チベットなんて

安宿の設備なんて似たり寄ったり

そんな期待できるハズはなし

じゃーなんで何泊もするのかと・・・

まぁ~ああいう温かい家族や夫婦に

飢えてる?憧れてる?分も大きいかもしれませんね(爆)













この記事へのコメント

まりん
2014年12月30日 09:11
そやからぁ~、チベット圏で婚活しなよ~ヾ(* ̄▽ ̄)ノ
お婿に行けたらテレビ局に売り込んであげるから(笑)
こんなところに日本人!!
前に泊まった桃坪の民宿がそんな感じで、宿のご主人やそのお母さん、働いてる小姐も気さくで良い人でした。片言の中国語でもなんとか理解してくれようとしたし、宿代に含まれていない昼食を一緒に食べようと言ってくれたり。
すごくイイ思い出です。(^・^)
2015年01月01日 20:48
婚活~婚活~婚活~♪
でもたまに日本食食べたいですwww

この記事へのトラックバック