郎木寺タクツァン・ラモから瑪曲マチュまでは…あ!!っちゅう間

郎木寺タクツァン・ラモから

今回は瑪曲マチュへ行ってみることにしました

マチュって言うのチベット語で『黄河』を意味するそうで

町の名前が黄河そのものって言う訳です


宿の人に聞いたら朝の10時頃瑪曲マチュ行のバスが来ると…

ってなこって朝の9時半から郎木寺タクツァン・ラモの

町の真ん中のバスを待ちます


待ってる最中地元の人と話ししてたら

一人のおじさんが『ワシの息子は今東京だ』って…

そのおじさんは旅朋国際青年旅舎の方だったんですが

言われて思い出しました

確かここの息子さんと日本人女性が結婚してたんだと

お孫さんの写真もみせてもらいました

新年には帰ってくるといってましたんで

正月行ったら会ってみたいと思います…行ったらね(笑)


と話は飛びましたが元に戻します

10時頃、迭部テウォからバスがやって来ました



画像


瑪曲マチュまでは25元

10分位しか停まらないのでお気を付けください

画像


迭部テウォ行も同時刻にやって来ましたが

画像


そちらは満席でこちらはガラガラでした


国道213号線を一旦北上

画像


画像


画像


尕海湖にて湖畔に沿って大きく南下



・・・あっ!ここらへんの風景はハンディカムでも撮影してますんで

少々お待ちくださいませ(笑)

でもね前半は汚い窓越しなので先言っときますねxxx


。。。そんでもって約1時間半で瑪曲マチュに到着しました

画像


天気も良かったのですっげ~イイ感じの

バス移動でしたねヽ(*´∀`)ノ

ちなみに途中の尕海湖が結構観光地として有名みたいで

夏とかは年々観光客も増えているそうです













この記事へのコメント

この記事へのトラックバック