梅里雪山ご来光参拝 徳欽


大きな地図で見る

徳欽は雲南省北西部、四川省に隣接した三江併流地域に位置し
郊外に瀾滄江(チベット名ザチュ河、メコン川の上流)が流れている
古くは茶馬古道の要衝であり、現在は明永氷河や梅里雪山
白茫雪山を観光するときの拠点となっている

Wikipediaより抜粋

上の地図通りのルートかどうかは知りませんが(笑

郷城から香格里拉を経由して向かったのは

梅里雪山のご来光で有名な徳欽

画像


徳欽からは直接拝めないので

展望場所になっている隣の村まで移動

着いたのがお昼だったのでそのまま山道を散歩開始~♪

画像


画像


画像


画像


しかし途中から道が無くなってしまい

適当に行けば帰れるかなって近道のつもりで

山の中を進んだのですが。。。。。そのまま迷子に(´ω`。)

画像


こんなに天気が良かったのに・・・何故か雨が(泣

。。。。本当に怖かった。。。。

しかし気を取り直して自分の足跡らしい足跡を頼りに

何とか歩いてきた山道に戻る事が出来ました(爆

でもあの山の中での遭難って本当にパニックになったら

何処も同じ景色に見えてくるんですね(><。。。

画像


そんでもって次の日の朝はご来光待ち

日本人の団体さんや外国の団体さんが多数訪れてました

結果としては・・・・

画像


画像


5時間ほど粘りましたがこんな感じでしか見れませんでした

さすが聖山・・・簡単には拝ませてくれませんでしたね(爆


"梅里雪山ご来光参拝 徳欽" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント