Zhuo Ma's Jiuzhaigou Home-Stay

九寨溝に行く時どこ泊まろうかと…

どこもそんなにかわらんだろうし、どうしようかなと…

そこで思い出したのが私が九寨溝で働いてた時に

色んな意味で微妙な関係で持ちつ持たれつでやってた

Abuluziの卓馬さんとこだ!!

レストランとホームステイスタイルの宿をやってるのだ

綺麗なチベタンのバツイチのおねえさん…だった(当時)xxx

早速電話したら…私は雲南省の大理なの、兄が残ってるから兄にヘルプするは…と



しかし話が突然変わり…

私たち今度こっちでお店やるのよかったら働かない?(笑

あなたの働きぶりは知ってるし、あなたなら任せられるし…ってwww

九寨溝の部屋泊めてって連絡して大理で働かないか誘われて

即効でご遠慮させて頂きましたwwww



画像


そんでもってこちらがそのヘルプしてくれた卓馬さんのお兄さん

会ったことはあり、私は覚えていたが向こうは忘れていたみたい

画像


薄暗い居間で家族全員で何故かウルトラマン鑑賞www

画像


九寨溝口からまだ30分くらい手前の村にあるんでぶっちゃけ面倒ですなxxx

私が九寨溝で働いてた時は場所がどこなんて気にしてなかったけど…


レストランは以前はバスターミナル付近にだしていたが

今は彭豊村のど真ん中のえーとこに場所移してましたわ

画像


宿代安くはしてもらったけど元々が高い値段設定だったので

それほどって感じで、わざわざ泊まりに行って失敗したな~ってのが感想ですxxx


何にも良い事なかったので書きようがないのですが

こんなんでも興味がある人が居ましたらどうぞ連絡してくださいね

http://www.abuluzi.com/

卓馬ねえさん、日本語は‘こんにちは‘のみ対応







あっ…万が一ここ利用したしても決して村のホーストレッキングは参加しないように

全ての楽しい思い出がパァ~…になりますんで(謎












Lonely Planet Tibet: Chapter from China Travel Guide
Lonely Planet
2012-06-01
Lonely Planet

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Lonely Planet Tibet: Chapter from China Travel Guide の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

"Zhuo Ma's Jiuzhaigou Home-Stay" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント