アムドへ、チベットエリアへやって来た感は着いて直ぐ実感

郎木寺ろうきでら、中国読みはラームンスー

チベット読みがタクツァン・ラモだ

タクツァン=虎の穴

ラモ=女神

の意味があるそうだ

先の日記にも書いたが四川省側にあるお寺はキルティ・ゴンパ

甘粛省側にあるのがセルティ・ゴンパ

地元の人の言い方だと

キルティ・ゴンパ=ガルダァ・ゴンパ

セルティゴンパ=セチュー・ゴンパと言う

しかしここでは旅行人や歩き方と同じように

キルティ・ゴンパ、セルティ・ゴンパに統一して呼びたいと思います



街自体はそんなに大きくありません

そりゃーお寺の敷地とか入れればデカいでしょうけど

街として機能している部分はほんの少し

幹線道路から入ってきてスグのエリアは他の中国地方都市と同じく

開発がドンドン進んでいてよくわからん家がポコポコ建ってました

でも中心地へ行けば昔のままって感じです

画像


画像


画像


民族衣装を着た人たちがポコポコいらっしゃいます

もう~ね~、なんて言うですかね…

この人達と一緒に居るだけで、それだけで居心地がイイんですよwww

わかるかなぁ~(笑

(*´∀`*)



傷ついた日本人へ (新潮新書)
新潮社
ダライ・ラマ14世

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 傷ついた日本人へ (新潮新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

"アムドへ、チベットエリアへやって来た感は着いて直ぐ実感" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント