今回の郎木寺タクツァン・ラモの宿泊は『海螺賓館』

さてさて今回の旅の報告をしていきます

映像に関しては時間が掛かってしまいますので

先に写真を使い振り返ってみたいと思います

って言うか映像作成を先にやってしまうと

色々と忘れてしまいますので(笑)

歳はとりたくないですねぇ~(T▽T)


先ずは郎木寺タクツァン・ラモからいってみましょう~♪

12月17日、朝6時40分成都茶店子バスターミナル発

若爾盖ゾルゲ行き(163元)に乗車

若爾盖ゾルゲまでは雪もそれほど積もってませんでした

ただ松藩からの景色で高速道路の建設が

かなり進んでいるのが気になりました

若爾盖ゾルゲ到着後

乗合い白タク(30元)で郎木寺タクツァン・ラモへ

しかしこの道が結構凍っていまして

車のスピードがめっちゃゆっくり(T▽T)

結局夜の8時頃に到着

雪は降ってなかったんですけど…


今回のホテルは『海螺賓館』

画像


達倉納摩格爾底寺キルティ・ゴンパ入口手前右側

ツインルーム・トイレシャワー別(100元)

ツインルーム・トイレシャワー有(120元)

共にエアコン完備

画像


画像


画像


画像


部屋はまぁまぁといった感じだったのですが

エアコンがキツかった(爆)

エアコンの温度は30℃に設定してるのですが

リモコンが一個しかなく店の人がそれを管理してるので

夜つけっぱなしになっちゃうんですよね(笑)

切りたかったらコンセント抜けってxxx

抜いてしまうと朝めっちゃ寒くなるしと

抜かなかったら朝もー体中の水分が無くなった感じで

ミイラ状態になってましたヽ(´Д`;)ノ

本当はお湯を配管に通して部屋を暖める『暖器(ヌアンチー)』のある

画像


こちらの『甘粛達倉郎木賓館』に泊まるつもりでしたが

改装工事中で泊まれませんでした

いつまで掛かるのか聞いても誰も知らないって。。。。

なんじゃそりゃ(笑)


今回の郎木寺タクツァン・ラモへの訪問は

来年のお正月のイベントを見に来るのに

ホテルはどうなのかのと日程の確認がメインでした

『海螺賓館』は新年時も店を開けると言ってました

そういえば今年2月に行った時も開いてましたわ

でも宿代は400元~500元になるとのこと!!

ヽ(´Д`;)ノヽ(´Д`;)ノヽ(´Д`;)ノ

って、仕方がないと言えば仕方ないけど

マジ勘弁して欲しいですxxx

3月に泊まったユースホステルは締まっていましたが

去年も新年時は開けてたので今年も開けるでしょうね

あっちはエアコン無いけど電気カーペットがありました

どうなんですかね~普通の人はエアコンと電気カーペット

どっちがいいんでしょうか???

電気カーペット引いて寝てもかなり水分取られるし

一緒なのかなァ~xxxx


新年の日程はこちら【只今、東チベット~郎木寺タクツァン・ラモ~② 】



での報告の通りでございますヽ(*´∀`)ノ

知りたかったら再生してみてください(笑)


中国は泊まるつもりなくても部屋見せてって言えば

簡単に見せてくれるのに

今回開いてるホテル片っ端から見てまわればよかった

え~それしてないの!!!って

ハイ、してません(爆)

でも郎木寺タクツァン・ラモのホテルの

電話番号一覧GETしてるので

あとで電話で聞いてみよう~(*´∀`*)

そんじゃ~何しに現地にまで行ったのやら

よ~わからんxxx

実はただ単に行きたかっただけなのかも!?













"今回の郎木寺タクツァン・ラモの宿泊は『海螺賓館』" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント