テーマ:2007年

ラプラン・ゴンパを・・・素通り 夏河

夏河にはゲルク派六大寺のひとつで 現在のチベット仏教ゲルク派の寺院の最高峰とされている ラブラン・ゴンパが存在する 意気揚々と向かったのだが また雪が妨害・・・何とかたどり着くが テンションはだだ下がり
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仏画&仏像の街 同仁

西寧からバスで南下 たどり着いたのは同仁と言う街 この街は仏画や仏像の製造で有名 ・・・一応、芸術系の高校を卒業している私としては かなり面白かったですね(^^ 街から少し離れた村々で この様に仏像や仏画を制作していました 私も葉書サイズの仏画を購入 今でも枕元に置…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

両替だけの為に行きました 西寧

この時、ちょうど中国元が手元に少なかったので とりあえず西寧へは両替の為だけに寄ったって感じでした(^^ でもこの時、玉樹から西寧まで 長距離の寝台バスを利用したんですね~ 感想は・・・「棺おけ」???(笑 ・・・で西寧の街はチベット圏とムスリム圏が 混同した不…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴンパ周辺は廃墟と・・・ 玉樹

玉樹県(ぎょくじゅ-けん、yus hru'u rdzong)は 中華人民共和国青海省玉樹チベット族自治州に位置する県 県政府が置かれているのは結古鎮(結古多鎮、ケグ, skye rgu, Gyêgu) チベット東部の市場の町であり古くから交易の中心だった 西洋や古いチベットの文献では ジェクンド(Jyekundo, …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

建物自体がありがたいデルゲ・パルカン 徳格

甘孜から朝一番のバスに乗り向かいましたは徳格 ってまた分かりにくい地図を載せてみました(笑 行きはとっても天気が良くすんなりと徳格に到着 徳格で一番有名なのは「デルゲ・パルカン」 僧侶たちが多くの経典や注釈を現在も木版印刷で彫り続けており 建物自体がありがたいとされ 建物の周りを多くの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

結局、3回も訪れてしまった街-甘孜カンゼ/ガンゼ-

▼ ▼ ▼ バスチケット手配 東チベット旅行倶楽部ホームページ 何だかんだで③回も訪れてしまったんですよね~ この甘孜には・・・・(笑 何でかは最後に書きますわ。。。。(><。。。 川沿いを山の方に向かって登って行くと ゲルク派の大僧院「カンゼ・ゴンパ」が見えてきます …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ラルンガル・ゴンパへ行くならココが起点 炉霍

先に書いた「ラルンガル・ゴンパ」へ行くには この炉霍の街が起点になります ちなみにラルンガル・ゴンパへ行くバスは 通常のバスターミナルから出発ではなく カサル飯館(・・・名前は合ってると思います)から出てるバスに乗って行きます って言っても私の時は乗客が少なかったので ミニバンに乗せられましたけどね(…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

いざ!ラルンガル・ゴンパ!‐色達セルタ‐

▼ ▼ ▼ ツアーお申し込み&お問い合わせ 東チベット旅行倶楽部ホームページ 道孚タウから炉霍タンゴへ、そしてまた・・・ ・・・こんな感じでミニバンに揺られて ニンマ派の最大級の僧院ラルンガル・ゴンパ(喇栄五明佛学院)へ もちろん外国人は立ち入り禁止なので(笑 同乗したチベタ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

11世出生の街 道孚

地図を貼り付けて見ました・・・ ・・・わかり難いですね(><。。。 とりあえず次の街は道孚と言いまして カム地方のカンパ達の中心的な街ですね このゴンパくらいから お坊さん達と何語かわからないけど お茶を頂きながら交流する様になりましたね これはマニ車ですね …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんな所何もないよ!って言われながらも行った村 八美

丹巴から乗り合いのミニバンに乗り 道孚へ向かう途中にある村『八美』で下車 運ちゃんには 「こんな所~何にも無いからさぁ下りても仕方がね~べっ!」 って言われました(笑 まー言われた通り何も無い幹線道路沿いの村って感じでしたね(爆 とりあえず下で食堂をやってるこの宿に荷物を置く事に …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美人が多いらしい・・・ 丹巴ロンダク

▼ ▼ ▼ ツアーお申し込み&お問い合わせ 東チベット旅行倶楽部ホームページ 丹巴県(たんは-けん、ロンダク、rong-brag)は 中国四川省カンゼ・チベット族自治州の東部に位置する県 県城は海抜1,800mにある。チベット族の中でも ギャロン・チベット族(嘉絨蔵族)と呼ばれる人々が多く住む 県内の著…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どんどん貼ります、旅の写真 康定

ここからは2007年に・・・ 2007年4月、四川省の成都経由で行った康定 本格的なチベットエリアは初めて 4月だと言うのに雪 ここから半年以上に渡る旅が開始されたんですわァ~ 成都から8時間くらいで行けるんですが また行きたいです{%…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more